*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人で電車に乗る幸せ

出産後、なかなか一人で電車に乗る機会はない。
たまに一人で乗ることがあるが、
それはそれは至福の時だ。

何も考えず、無意識に乗って空いてる席に座り、
メールをしたり本を読んだり途中で寝てしまったり。
貴重なリフレッシュの時間となる。

息子と乗っているときも、それはそれで
全く知らない人があやしてくれたり話しかけてくれたり、
そういう幸せもあるけれど。

以前は何の気なしに乗っていた電車。
どちらかといえば、「早く着け~!」と
思いながら乗っていたかも。
特に会社から帰る時などは。

でも、今は「ゆっくーり走っておくれ。良かったら、
ちょっとの間停まってしまったっていいよ。」
なんて勝手なことを思ったりして。

ボーッと出来る一人の時間。
育児中の母にとって
一番欲しいものかも知れない。
スポンサーサイト

八日目の蝉

久々に、小説を読んだ。
一気に読んだ。


八日目の蝉/角田光代 (中央公論新社)

080927

本屋で衝動買いした理由は、帯に
「爆笑問題 太田光氏も大絶賛!
~最後の数ページ、震えが止まらなかった~」

というコメントが出ていたこと。
太田さん、好きなんです。

で、この人の批評なら、
薄っぺらな表面的なことはないなーと思い
読んでみた。

罪を犯している話なのに、なぜかその犯人に
同調とまでは行かずとも、自分の気持ちが動かされてしまう。
人の善と悪だけでは割り切れないような
そんな部分が描かれていた。

そして、途中から涙が止まらなかった。
「母」になった今、読んで良かった本かな。

美味しいビスケット

最近行っているヘアサロンで、
いつもお茶請けに出してくれるビスケット。

ロータス オリジナル カラメルビスケット

2008-09-24 15-33-51


甘くなく、もっさり感がなく、ふんわりとシナモンの香りがする
大人のビスケット
最近、大ファンです。

そのサロンで出してくれる山査子(サンザシ)のジュース
たまらなく美味。

ほどよく酸っぱくて、甘くなくて
そして後味がすっきり。
このソーダ割りがお気に入り。

普通に売っているジュースらしいので、
今度詳しく聞いてこよっと。

福岡男児殺人事件

福岡で男の子が殺害された事件。
今日、母親が逮捕された。
うちの旦那Tは、最初から母親を疑っていたが、
私は複雑な思いだった。

実際に母親が逮捕されたことを聞いて、
訳の分からない無差別殺人ではなかったことには
ちょっとホッとしている。
現場近くに住むお母さんたちもそうだったのでは?


ただ、殺害の理由は子育ての悩み。

よく『自分の子供を殺すなんて信じられない』というけれど、
それは心身共に健康な状態だから言える気がする。

子育てって想像以上に本当に大変。
この母親自身は体調が悪かった様子。

私も産後体調を崩した時、
「私、こんな状態でこれで子育てしていけるんだろうか」と本気で悩んだ。

だから、このお母さんの気持ち、
私は全面的に否定は出来ない。

たぶんこのお母さんも頑張っていたに違いない。
きっと自分の子供を立派に育てようとしてたのだと思う。
だからこそ、壁にぶつかって
どうしようもなくなってしまったのでは…?

母たちは皆、紙一重のところにいることも
あるのではないでしょうか。

長崎角煮まんじゅう

少し前に、長崎出身の先輩から地元名物を頂いた。

岩崎本舗「長崎角煮まんじゅう」
kakuni.jpg


角煮は結構好きだけれども、
ちょっと脂っこくて、最近は少し敬遠していた。

が…食べてびっくり。

なんとサッパリとして美味しいことか!

豚の脂身も全然脂っこくない。
なのに全くパサパサしてない。
包んでいる生地も、ふわっとして柔らかい♪
あっという間に食べてしまった!

しかも、冷凍庫に入れておいたものを
解凍してレンジでチンするだけ。

片手で気軽に食べられるし、
赤ん坊と戦いながらの毎日のランチに
とっても助かった。

これは良いので、贈り物にも使いたいな~。

炭酸飲料

去年、妊娠をしてから、
時々無性に炭酸を飲みたくなる。
こんなことは中学以来かも。

そして、色々飲んでみた。
キリンレモン、ファンタにスプライトにコーラに…
最終的に落ち着いたのは、三ツ矢サイダー

甘くなく、変に後味も残らなくて
すっきりさっぱり飲める。
だから最近は冷蔵庫に常備してます。

そしたら、この間お隣のおばさんの家で
「暑いからどーぞ。」って出してくれた。
三ツ矢サイダー、日本の家庭に根付いているのね♪
と嬉しくなった。

「120年以上も飲まれ続けている」わけだ。

ちなみに、お隣で出たのは250ml缶。
そう、昔懐かしい細い缶。
これくらいの量がまたちょうど良かった!

名古屋というところ

私は名古屋生まれの名古屋育ち。
高校卒業までの18年間を過ごした。

大学は何故か広島へ。
名古屋より少し小さい地方都市で、
4年間過ごした。

その後、就職で東京へ。
結果東京には十数年住んでいた。
おっと、気づくと名古屋と近い年数になっていたのね。


で、去年(2007年)、結婚を機に名古屋に戻ってきた。

名古屋に戻りたいと思っていたわけではない。
でも、東京でずっと暮らすのはしんどいな…と
感じていたのは確かだ。

そして、戻ってきてわかった。

東京は特別なところだ。
すべては人の多さにつきる。
何をするにも労力を使う。

もちろん、東京にしか無いものがたくさんある。
それはとっても魅力的で、若い頃はそれにひかれて
上京した。
大好きな旅行の仕事も、東京だからこそ
あれだけ色々な経験が出来たのだと思う。

ただ、名古屋に戻ってきて気づいた。
私にはこれくらいがいい。
すぐ近くに都会もあり、田舎もある。
渋滞などのストレスを、ほとんど感じることなく
行くことが出来る。
週末のお出かけも、東京とは比にならないくらい
楽チンに楽しめる。
子供連れには特に嬉しい。

電車もベビーカーを乗せる余裕がある。
山手線でベビーカー…考えるだけで躊躇しちゃう。

もしかして、大好きな東京を離れて
名古屋に戻ってくることになった事実を
受け入れるための、自分自身の言い訳なのか…?
とも思った。

でも、今旦那に「東京に転勤になった!」と言われたら…
ちょっとブルーかも知れない。

そんなわけで「I LOVE 名古屋」な今日この頃です。

ブログはじめました

ずっとやってみたかったブログ。

そう思い始めたのは、もう1年以上も前かも。

「事前調査」に時間をかけすぎるクセのある私ですが、
考えてばっかりではどーしよーも無い!ってことで
やっと書き始めることにしました。

とりあえず、自分の日々の記録を残すために。
じゃないと、忘れちゃいがちなんです、考えたこと。

よろしくお願いします。
カテゴリ
プロフィール

TSUPI

Author:TSUPI
元旅行会社社員。

海外旅行を中心に、旅行の
手配・カウンセリング・添乗・
旅行雑誌の編集など、
大好きな「旅」に関した仕事に
10年以上携わる。

よって、一番の元気の素は「旅」。

2007年、結婚・出産のため、
旅行の仕事を辞め、
東京を離れて地元名古屋に
戻る。

現在は、以前とは180度異なる
主婦&育児生活にて奮闘中。

検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。