*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかなえるゾウ

yumewokanaeruzou
夢をかなえるゾウ/水野敬也

ずいぶん前に図書館で予約していて
忘れた頃にやっと順番がまわってきたので、
今になって読んだ。

「なぁ~るほど。」

そう、これまでも
「なぁ~るほど。」
って思う本は、たくさん読んできたかも。

でもこの本は、
「読んだだけで満足するな。
それを実現するにはこうするんだ!」
ってところまで突っ込んで書いてある。

そこで、その内容を忘れないように
ブログに書いておくことにした。

そして、書いたことで安心して忘れないように、
自分自身に置き換えないと!

仕事生活から主婦生活に変わって間もない私。
今後の人生を、まだ試行錯誤の状態。

が…試行錯誤ばかりしててもダメ。
「今は子育てが大変だから…」と言い訳を言っているうちに
おばあちゃんになってしまいそう。


私は「旅行」という仕事が好きで、長い間携わってきた。
そして、好きな仕事に就けたことを、奇跡だと思っていた。

でも、それもずっとやっていると飽きてくる。
それは「人が喜ぶ」ことが好きというよりは
「自分が旅行好き」というところに焦点があったからかも知れない。
「人を喜ばせる」ためには、まだまだ出来ることがあるのに。

だから、旅行だけに限らず、人を喜ばせる喜びを
感じられる人生、これから進んで行きたいなと
この本を読んで改めて感じた。

この子育て生活で「人に助けてもらった貯金」
いっぱい貯まってきている。
それは、自分の息子にもお返ししなきゃだし、
他の人にもどんどんお返ししなきゃ。



≪ガネーシャの課題≫
★印は自分にとってのポイント

1)「靴を磨く」
自分を支えてくれてるものを大事にする

2)「コンビニでお釣りを募金する」★
偉大な仕事をする人間は、マジで世の中をよくしたいと
純粋に思って生きている

3)「食事を腹八分におさえる」★
自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら
生活が変わってくる

4)「人が欲しがっているものを先取りする」
ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ

5)「会った人を笑わせる」★
場の空気を変え、よい空気の中で仕事したら
よいアイデアも生まれるし、やる気も出てくる
人に対して優しくなれるし、自分の良い面が引き出される

6)「トイレを掃除する」★ 人がやりたがらないことをやるからこそ、一番喜ばれる。
一番人に頼みたいことだから、そこに価値が生まれる。

7)「まっすぐ帰宅する」
自由な時間というのは、自分がこれから成功していくために
「自由に使える一番大切な時間」

8)「その日頑張れた自分をほめる」★
毎日寝る前に自分をほめると、
頑張ったり成長したりすることが「楽しい」ことだと
自分に教えることになる。

9)「一日何かをやめてみる」★
(時間が)ぱんぱんに入った器から何かを外に出すと
空いた場所に新しい何かが勝手に入ってくる。

10)「決めたことを続けるための環境を作る」★
意識を変えるのではなくて、「具体的な何かを変える」。

11)「毎朝、全身鏡を見て身なりを整える」
意識や内面を変えることは難しいが、外見は変えられる。

12)「自分が一番得意なことを人に聞く」★
自分の仕事が価値を生んでるかを決めるのはお客さん
つまり自分以外の誰か。

13)「自分の苦手なことを人に聞く」★
長所と短所は自分の性質の表と裏。
長所を知りたかったら短所も聞く。

14)「夢を楽しく想像する」
誰に言われるのでもなく、勝手に想像してわくわくするのが夢。
「思い描こう」とするものではない。

15)「運が良いと口に出して言う」
うそでも「運が良い」と思う。
すると、自分に起きた出来事から何かを学ぼうと考え出す。

16)「ただでもらう」★
人からただでもらうには、言い方・仕草などとても気を遣うようになる。
すると、自分のコミュニケーションが変わってくる。

17)「明日の準備をする」
常に結果を出すには、綿密な準備が必要。
「算多きは勝つ」

18)「身近にいる一番大事な人を喜ばせる」★
人間は、自分にとってどうでもいい人には気を遣うくせに
一番お世話になった人や自分を好きでいてくれる大事な人を
ぞんざいに扱いがち。

19)「誰か一人のいいところを見つけてホメる」★
成功したいなら絶対誰かの助けをもらわないと無理。
自尊心を満たしてくれる人のところに、人は集まる。

20)「人の長所を盗む」
人を喜ばせるという目的に照準が合っていたら、
人のマネをすることに恥ずかしさなんか感じない。

21)「求人情報誌を見る」
自分が小学生のようにワクワク出来て、自分の持ってる力を
一番発揮できる仕事を探さないといけない。

22)「お参りに行く」
成功したいと思っている人は、何でもやってみる。
「ばかばかしい」「意味がない」と言ってやらない人は
結局そこまでして成功したくないということ。

23)「人気店に入り、人気の理由を観察する」★
人気店は、その店がどんなことしてお客さんを喜ばせようとしているか、
優れたサービスを学ぶ場所。

24)「プレゼントをして驚かせる」★
お客さんが一番喜ぶのは「期待以上だった時」。
よい意味で裏切る、サプライズする。

25)「やらずに後悔していることを今日から始める」
やりたいことを見つけるために一番やったらいけないのは「考える」こと。
実際に「体感」することが、やりたいことを見つける唯一の方法。
そして「今」出来ない理由は考えるな。

26)「サービスとして夢を語る」★
自分勝手に夢を語るのではなく、サービスとして語る。
たくさんの人が聞きたい夢というのは、世の中がそれを実現することを
望んでいるということ。
そしたら、その夢はみんなが応援してくれる夢なのだから、
実現するのは簡単。

27)「人の成功をサポートする」
自分が本当に成功したかったら、一番の近道は人の成功を助けること。
つまり「愛」。

28)「応募する」
本当に人生を変えようと思ったら、自分の想像を超えるような
「事件」が必要。それには「誰かに才能を認められる」のも効果的。
可能性を感じるところにどんどん応募する。
そこでもし才能を認められたら(見出されたら)、
人生はあっという間に変わる。

29)「毎日、感謝する」
お金も名声も、全部他人が自分に与えてくれているもの。
スポンサーサイト

X'MAS SONG

この季節になると聴きたくなるクリスマスソング

あちこちでクリスマスツリーなどの飾り付けがされ、
そこにクリスマスソングがかかっていたりすると
もう気持ちは高ぶるばかり!

そして、毎年この時期になると、
クリスマスのコンピアルバムが欲しくなる!

で、どんなんがいいかなぁ~と
Amazonで見ていたところ、
去年も同じ時期に同じことをやっていたことが判明!
ほしいものリスト(旧ウィッシュリスト)に
チェックしてありました!

そっか、気持ちが盛り上がって色々調べてたけど
そうこうしているうちに出産になっちゃったんだった!

息子KKが産まれたのは去年の12月2日。
出産した病院は、病棟や中庭に素敵な飾り付けが
いっぱいで、入院中は夕方~夜にかけて
産まれたばかりのKKを抱っこして、
キラキラのイルミネーションを見ながら
小声でクリスマスソングを歌ってました。
最初の子守歌はクリスマスソングかも。


私の好きなクリスマスソングは、

「O Holy Night」
「Little Drummer Boy」
「Winter Wonderland」
「Jingle Bell Rock」
etc・・・

歌うアーティストによって全然変わって
しまうところが好き♪

でも、ダントツに大好きなのは
超定番の「THE CHIRISTMAS SONG」かな。

そしてアルバムは、コテコテだけれども
マライアキャリーの「メリークリスマス」を
どうしても聴いてしまう~。
このアルバムがはやっていた頃、
ちょうどクリスマス前にイタリアに行って
あんまりクリスマスのイルミネーションが
無かったことにがっかりしたことを思い出します。
(ヨーロッパは国によって全然違うんですね~。
パリなどは町中がクリスマスだった!)

今年はひとつアルバム買ってみよーっと。
何がいいかな。

文字変換

携帯でママ友とメールしていると
変換に困ることがある。

育児用語ってあんまりスムーズに
変換出来ないことが多い。

断乳とか、卒乳とか、スリングとか、産休とか。

一種の専門用語?なのかな…と、ふと思いました。

産後セルフケア教室≪2≫

昨日は「産後のボディケア&フィットネス教室」の2回目。

実は先週のレッスン後、ちょっと膝が痛かった。

今日のレッスン中、再度骨盤の位置を確認していたら、
(骨盤は床に対して垂直なのが正しい姿勢だそうです)
私はおなかに力を入れず、腰をそっていたので(いわゆる出っ尻状態)
膝に負担がかかっていることに気付いた!

そう、おなかに力を入れるって、とっても大切。

例えば子供を抱きあげる時、
おなかに力を入れないと、腰に負担がかかる。
でも、おなかに力を入れると、体の他の部分に
力が入らず、スムーズに抱き上げることが出来る。

以前、ウォーキング講座に行った時に
「階段の楽な昇り方」というのを習った。
それも、おなかに力を入れるというのがポイント。
おなかに力が入っていないと、段を昇る都度
足に負担がかかり、足が疲れてしまうのだ!
(これはビックリするほど楽に昇れるので
ぜひお試しくださいませ。)

そう、ポイントは「おなか」
そのためには、おなかの筋肉を鍛えなきゃ!

家でもボールエクササイズをやりますと
レッスンで宣言してきた私。
今日は出来なかったから…明日こそ
まずはボールを膨らませるぞっ!

東京の旅

10月末に、息子と2人で東京に行った。
今回は、友達等々に会うための2泊3日の旅。

1年以上ぶりだったので、どんなに懐かしいだろう!と
心躍らせていたのだが…
結果としては、そんなに「揺さぶられない東京」だった。

息子と2人だったし、スケジュールもいっぱいだったので
あんまり「ここ行きたい、あれ見たい」と思う時間が
なかったこともあるかも知れないけど。

あまりに長く住んでいたところだったためか、
乗り換えひとつにしても無意識に体が動き
「久しぶりに来た~」って感動も無かった。

またこれが、単身での旅だったら
全然違ったのかな。
「銀座行って~、ペニンシュラホテルでお茶して~、H&M行って~」なんて。

でも、最近以前より物欲は減ってきているので
(たぶん、自分ではそう思う)
欲するポイントが変わってるかも知れない。

ただ、自分が住んでいた世田谷近辺は
プラプラしたかったなぁ~。
(今回は雨で断念!)


来年の手帳

手帳が店頭に並ぶ時期になった。

仕事をしていた頃は、
プライベート用のエルメスと、
仕事用に、バリバリキャリアウーマン(死語?)が使う
30分ごとに目盛がついちゃってる
「アクションプランナー」という比較的大きな手帳を
使い分けていた(…つもりだった。)

そして去年、主婦になった私。
手帳がいるのかどうかと考えたが…
絶対に必要だった。

何せ、書かないと忘れる。
予定は覚えていても、細かいことを忘れる。
特に「THINGS TO DO」は書かないと絶対忘れる。
もっと正確に言えば、書いたら忘れるが
書いてあるから思い出せる。

というわけで、スケジュールっていうより
メモ欄が必要になってきたので、
今年は、左側に1週間のスケジュール、右側はメモという
見開き1週間のフランフランの手帳を使っている。

これは、あまり大きくもなく、表紙はピンクで結構かわいくて、
ペンを入れるところもついていて、とっても便利。
が…フランフランに行ってみたが、今年は売ってないみたい…。
とっても残念…。

で、今手帳を探しまくってます。
どうしても見開き1週間(メモページ付き)がいいんだけど、
あんまり無いんですよね…。

リフィルだけ買って、無理矢理エルメスのカバーに
入れてみようかな…。
だってエルメスのリフィル高いし使い勝手悪いし、
読めないフランス語とか書いてあるし…。

どなたか素敵な手帳があったら、ぜひ教えて下さい!

産後セルフケア教室≪1≫

おとといから「産後のボディケア&フィットネス教室」に通っています。
実は、産後2ヶ月だった今年2月にも通っていました。

東京の住む友人のすすめで行ったのですが、
これはただの「産後太りをどうにかする教室」ではありません。

「産後の心と体にはリハビリが必要!」というテーマで
フィジカル面、メンタル面共に、
自分と向き合って自分で回復していく方法を教えてもらいます。

そして、「母として」だけではなく
「女性として」「人として」「妻として」「社会人として」
というような色々な自分を見直す機会になります。

産後って、「育児中だから…」「母だから…」というような
世間の目がありますよね。
いや、世間の目=自分の気持ち
だったりして、
いつの間にか自分でも言い訳にしてることがあります。
「今は育児中だから…これは無理」とか、
「自分の将来のことは、子育てが落ち着いてからにしよ」
という逃避…。

この教室に行くと「何を自分はネガティブになってたんだろう。
何も諦めることなんかないんだな~」

目からウロコなんです。

そして、それはインストラクターの先生はもちろん
(今回はちあき先生、前回はREINA先生でした!)
参加している女性達もキラキラキラキラした
ポジティブな女性ばかりだからでしょうか。
でも、はたから見たらそんな素敵な女性も
同じように育児や家庭や人生に悩んでいたり。
とってもホッとします。

産後、心身ともに産後うつ一歩手前でボロボロだった私は、
2月の教室では周りの人たちに元気をもらうのが精一杯でした。

そして産後11ヶ月になった今、少し余裕も出来たので、
もう一度きちんと受けてみようと思いました。
それは、少しでも成長した自分を見られたらな…というのと、
もうじき大台(世間で言うよりもう一つ上の大台!)を迎える
年齢・体力とこの先付き合って行くために、
しっかり心身ともに鍛えたいという目的です。

1回目のレッスン後、早速筋肉痛に襲われましたが、
気持ちの良い疲れを感じることが出来ました。

フランスではこのようなケアが保険で受けられるということ。
杉並区では「子育て応援券」というのを利用して
受けることが出来るそうです。

産後の女性、本当に受けたらいいと思うな~。
セルフケアで自分の体をメンテ出来るというのも良いし、
何かもやもやっとした産後生活を、スカッとさせてくれる気がします。

主婦術

主婦になってまだ1年余りの私。
家事を中心とした主婦業に悪戦苦闘の毎日。

新卒2年目であれば、まだまだ修行の身。
一人前になるにはまだ時間がかかる頃。

でも、何だか主婦業は最初から完璧にこなそうとしてしまっている。
いや、新入社員でも「なぜ自分は出来ないんだろー」と
焦る人もいるだろうけど。

大きな違いは…
「主婦業には上司がいない。」

身近にいて教えてくれる人がいない。
小さな頃から教えてもらっていたといえば
まぁ、そうなんだけれども。


「○○の仕事術」「残業をしないで帰るコツ」みたいな
仕事のHOW TO本があるけれども、
主婦業のそんな本、ないかしら。

「手抜き家事」みたいなものを紹介するのはあるけど、
もっとスムーズに家事・育児・プライベートを
両立させる術、コツみたいな…うーん上手く言えないけど。

仕事をバリバリしていたキャリアウーマンさんが
主婦になった場合、仕事をこなすような主婦術を
考えているんじゃないかな。
どなたか、そんな本書いて下さい!
即買います。

母のフリータイム

最近息子(11か月)の後追いが激しい
私がいないと、強烈に泣く(ことが多い)。

これまでは、時々旦那の実家や近所の親戚のおばちゃんに
息子を預けて、私自身のフリータイムを作っていた。

でも、最近預けると激しく泣くので
「ママを探すのよね~」「ママがいないと淋しいんだね~」と
言われ、預けにくくなった。
きっと、預けられる人も頑張ってくれているけど
結果泣いてしまうので疲れちゃうんだと思う。

旦那とは旦那&息子の2人でいても、そんなに泣くことないのだが、
寝るときだけは別。
どうしても旦那の寝かしつけでは寝なくなった。
以前は寝ていた時期もあった。
最近は、旦那も自信喪失…といったところか…。
何度か挑戦したが、今のところ号泣するのみ…。

私は「もうちょっと努力してよ!(抱っこしつづけるとか)」と
思うのだけれども、泣かれている本人もつらいよね。
ごめん。


という訳で、最近私が全く一人になる(一人で出かけるなど)
フリータイムが無くなっている。
やっぱりちょっと疲れる。
だって、私といても泣くときは泣くんだもの。

時期的な問題なのかも知れないけれども、
時々プロ(託児所など)に預けるしかないかな。
逆に、プロだから、気兼ね無く預けられる気がする。
母の精神的には良いのかも。

ダメ元で来年度の保育所の申込もしてみようかと
ちょっと思い始めた。
競争率高くてダメだと思うけれども…。

カテゴリ
プロフィール

TSUPI

Author:TSUPI
元旅行会社社員。

海外旅行を中心に、旅行の
手配・カウンセリング・添乗・
旅行雑誌の編集など、
大好きな「旅」に関した仕事に
10年以上携わる。

よって、一番の元気の素は「旅」。

2007年、結婚・出産のため、
旅行の仕事を辞め、
東京を離れて地元名古屋に
戻る。

現在は、以前とは180度異なる
主婦&育児生活にて奮闘中。

検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。