*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかなえるゾウ

yumewokanaeruzou
夢をかなえるゾウ/水野敬也

ずいぶん前に図書館で予約していて
忘れた頃にやっと順番がまわってきたので、
今になって読んだ。

「なぁ~るほど。」

そう、これまでも
「なぁ~るほど。」
って思う本は、たくさん読んできたかも。

でもこの本は、
「読んだだけで満足するな。
それを実現するにはこうするんだ!」
ってところまで突っ込んで書いてある。

そこで、その内容を忘れないように
ブログに書いておくことにした。

そして、書いたことで安心して忘れないように、
自分自身に置き換えないと!

仕事生活から主婦生活に変わって間もない私。
今後の人生を、まだ試行錯誤の状態。

が…試行錯誤ばかりしててもダメ。
「今は子育てが大変だから…」と言い訳を言っているうちに
おばあちゃんになってしまいそう。


私は「旅行」という仕事が好きで、長い間携わってきた。
そして、好きな仕事に就けたことを、奇跡だと思っていた。

でも、それもずっとやっていると飽きてくる。
それは「人が喜ぶ」ことが好きというよりは
「自分が旅行好き」というところに焦点があったからかも知れない。
「人を喜ばせる」ためには、まだまだ出来ることがあるのに。

だから、旅行だけに限らず、人を喜ばせる喜びを
感じられる人生、これから進んで行きたいなと
この本を読んで改めて感じた。

この子育て生活で「人に助けてもらった貯金」
いっぱい貯まってきている。
それは、自分の息子にもお返ししなきゃだし、
他の人にもどんどんお返ししなきゃ。



≪ガネーシャの課題≫
★印は自分にとってのポイント

1)「靴を磨く」
自分を支えてくれてるものを大事にする

2)「コンビニでお釣りを募金する」★
偉大な仕事をする人間は、マジで世の中をよくしたいと
純粋に思って生きている

3)「食事を腹八分におさえる」★
自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら
生活が変わってくる

4)「人が欲しがっているものを先取りする」
ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ

5)「会った人を笑わせる」★
場の空気を変え、よい空気の中で仕事したら
よいアイデアも生まれるし、やる気も出てくる
人に対して優しくなれるし、自分の良い面が引き出される

6)「トイレを掃除する」★ 人がやりたがらないことをやるからこそ、一番喜ばれる。
一番人に頼みたいことだから、そこに価値が生まれる。

7)「まっすぐ帰宅する」
自由な時間というのは、自分がこれから成功していくために
「自由に使える一番大切な時間」

8)「その日頑張れた自分をほめる」★
毎日寝る前に自分をほめると、
頑張ったり成長したりすることが「楽しい」ことだと
自分に教えることになる。

9)「一日何かをやめてみる」★
(時間が)ぱんぱんに入った器から何かを外に出すと
空いた場所に新しい何かが勝手に入ってくる。

10)「決めたことを続けるための環境を作る」★
意識を変えるのではなくて、「具体的な何かを変える」。

11)「毎朝、全身鏡を見て身なりを整える」
意識や内面を変えることは難しいが、外見は変えられる。

12)「自分が一番得意なことを人に聞く」★
自分の仕事が価値を生んでるかを決めるのはお客さん
つまり自分以外の誰か。

13)「自分の苦手なことを人に聞く」★
長所と短所は自分の性質の表と裏。
長所を知りたかったら短所も聞く。

14)「夢を楽しく想像する」
誰に言われるのでもなく、勝手に想像してわくわくするのが夢。
「思い描こう」とするものではない。

15)「運が良いと口に出して言う」
うそでも「運が良い」と思う。
すると、自分に起きた出来事から何かを学ぼうと考え出す。

16)「ただでもらう」★
人からただでもらうには、言い方・仕草などとても気を遣うようになる。
すると、自分のコミュニケーションが変わってくる。

17)「明日の準備をする」
常に結果を出すには、綿密な準備が必要。
「算多きは勝つ」

18)「身近にいる一番大事な人を喜ばせる」★
人間は、自分にとってどうでもいい人には気を遣うくせに
一番お世話になった人や自分を好きでいてくれる大事な人を
ぞんざいに扱いがち。

19)「誰か一人のいいところを見つけてホメる」★
成功したいなら絶対誰かの助けをもらわないと無理。
自尊心を満たしてくれる人のところに、人は集まる。

20)「人の長所を盗む」
人を喜ばせるという目的に照準が合っていたら、
人のマネをすることに恥ずかしさなんか感じない。

21)「求人情報誌を見る」
自分が小学生のようにワクワク出来て、自分の持ってる力を
一番発揮できる仕事を探さないといけない。

22)「お参りに行く」
成功したいと思っている人は、何でもやってみる。
「ばかばかしい」「意味がない」と言ってやらない人は
結局そこまでして成功したくないということ。

23)「人気店に入り、人気の理由を観察する」★
人気店は、その店がどんなことしてお客さんを喜ばせようとしているか、
優れたサービスを学ぶ場所。

24)「プレゼントをして驚かせる」★
お客さんが一番喜ぶのは「期待以上だった時」。
よい意味で裏切る、サプライズする。

25)「やらずに後悔していることを今日から始める」
やりたいことを見つけるために一番やったらいけないのは「考える」こと。
実際に「体感」することが、やりたいことを見つける唯一の方法。
そして「今」出来ない理由は考えるな。

26)「サービスとして夢を語る」★
自分勝手に夢を語るのではなく、サービスとして語る。
たくさんの人が聞きたい夢というのは、世の中がそれを実現することを
望んでいるということ。
そしたら、その夢はみんなが応援してくれる夢なのだから、
実現するのは簡単。

27)「人の成功をサポートする」
自分が本当に成功したかったら、一番の近道は人の成功を助けること。
つまり「愛」。

28)「応募する」
本当に人生を変えようと思ったら、自分の想像を超えるような
「事件」が必要。それには「誰かに才能を認められる」のも効果的。
可能性を感じるところにどんどん応募する。
そこでもし才能を認められたら(見出されたら)、
人生はあっという間に変わる。

29)「毎日、感謝する」
お金も名声も、全部他人が自分に与えてくれているもの。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

o(^o^)o

おもわず書き留めてしまいました!
この本、私もずっと読みたいと思っていて、なかなか手に取れず、興味だけで終わっていました!
最近ドラマでやっているのでみていますが、なかなか自分を当てはめにくいドラマで、イメージできませんでした。
今の私たちに必要な言葉がたくさん!少しずつ自分のモノにできたら素敵ですね♪

No title

図書館、私も予約した事ある(他の本)
忘れた頃に回ってくるぐらい人気なんだね。

それにしても、それをちゃんと読んだのが偉い。
その時間を捻出したのが、えらい!尊敬だよーー


私は、7、9、17、18を実際やってみたいな。

本も読みたいけど、、、TSUPIちゃんのレポートでとりあえずやってみよ♪
ありがとう!

ところで著者は、名古屋出身であり、レイナ先生の友達みたいよ。

名古屋出身の有名人はみんな彼女の友達かもね~~

ちるママさんへ

私もこの間初めてTVドラマを見てみたけど、
本を読んでないとわかりづらいかもね。
でも、テンポもいいし、
古田新太はガネーシャのイメージにぴったりだし、
面白かったv-342

本では、この29項目が1日1項目のストーリーになっていて、
さらに本の最後に短くまとめられてるのよ。
私はそれをほぼ書き写しただけなんだけど、
これ手帳とかに書いておいてもいいかもね。

ちるママさんは、きっときちんと実行しそうだわ。



ちゃこちゃんへ

そうそう、レイナさんのブログ見て
読んでみたいと思ったのよ!
ほんと、顔広いよね。
(名古屋が狭いのか!?)

読む時間、何とか作り出したわよん。
最近夜は眠くてすぐ寝ちゃうから、
午前中KKが機嫌のよい時間に隣で遊ばせといて読んだり、
車で出かけるとチャイルドシートで寝ちゃうことが多いから、
公園の駐車場とかに停めて読んだりね。

ま、この本はとぎれとぎれに読んでも
わかりやすいから読めたんだけど。

結構この項目、ポイントついているよね。
自分の興味あるところだけ、
詳細を立ち読みすると良いよ!きっと。

こんにちは。サンゴのアラフォーyokoです。
初めてコメントします!

私、この本買いました。
でも読めずに早3ヶ月が経ってしまった.......。
子育て中に自分の時間をつくるって、ホントに難しいですね。
(と言って、何もしないで10年過ぎてしまったダメダメな自分と
 早くサヨナラしたい!!)

そしたら、小5の長男が「朝読で読みたい」と言い、
学校に持っていき、3日で一冊読み終えてきました。
小学生男子にも面白かったみたいで
「お母さんも早く読んだらっ!」って言われてます。

プチ反抗期の息子が自分から話しかけてくるなんて、
ちょっと、いやかなり嬉しかったのに、
この数少ないチャンスを生かせない私。

そこで....
 目標:「夢をかなえるゾウ」を年内に読みきる!

やってみますわ!!

yokoさんへ

お返事遅くなっちゃってごめんなさい!
コメントありがとうございます♪

小学生男子、読むんですね~。
子供のころはこんなこと考えた記憶がないけど…。

ぜひぜひ読んでみてください。
で、息子さんとのコミュニケーションツールに
なるって素敵ですね~。

うちの1才の息子もyokoさんちの息子さんみたいに
なるのかと思うと、楽しみ♪
カテゴリ
プロフィール

TSUPI

Author:TSUPI
元旅行会社社員。

海外旅行を中心に、旅行の
手配・カウンセリング・添乗・
旅行雑誌の編集など、
大好きな「旅」に関した仕事に
10年以上携わる。

よって、一番の元気の素は「旅」。

2007年、結婚・出産のため、
旅行の仕事を辞め、
東京を離れて地元名古屋に
戻る。

現在は、以前とは180度異なる
主婦&育児生活にて奮闘中。

検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。